梅田芸術劇場

梅田芸術劇場公式noteです。大阪・梅田に2つの劇場を持っています。 梅田芸術劇場が企…

梅田芸術劇場

梅田芸術劇場公式noteです。大阪・梅田に2つの劇場を持っています。 梅田芸術劇場が企画・制作する公演をメインに、公演のお知らせや魅力紹介・裏側のレポート、たまに会社のこともお伝えしていきます。

マガジン

  • ミュージカル『VIOLET』

    2024年4月開幕のミュージカル『VIOLET』について特集しています

  • ミュージカル『ボディガード』

    2024年2月開幕のミュージカル『ボディガード』について特集しています

  • 『テラヤマキャバレー』

    2024年2月開幕の『テラヤマキャバレー』について特集しています

  • ブロードウェイミュージカル『太平洋序曲』

    2023年3月開幕のブロードウェイミュージカル『太平洋序曲』について特集しています

  • ミュージカル『ファントム』

    2023年7月開幕のミュージカル『ファントム』について特集しています

ウィジェット

リンク

ミュージカル『VIOLET』

2024年4月開幕のミュージカル『VIOLET』について特集しています

くわしく見る
  • 4本

開幕直前!演出・藤田俊太郎さんが語る、進化し続ける2024年版ミュージカル『VIOLET』

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 いよいよ4/7(日)に開幕するミュージカル『VIOLET』。 先日第31回読売演劇大賞を受賞され、本作で演出を担当される藤田俊太郎さん。 前回のインタビューでは、2019年ロンドン公演と2020年日本公演に焦点をあててお届けしましたが、今回は第2弾として、進化し続けている2024年版『VIOLET』について、藤田さんに稽古場で直接お伺いしてみました。 インタビューをさせていただいたこの日の稽古は、「歌入り本読み」という、

スキ
27

ミュージカル『VIOLET』日本語版ができるまで~翻訳・訳詞家にインタビュー!~

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 これまで公式noteでは、演出・藤田俊太郎さんのインタビューでミュージカル『VIOLET』をご紹介してきましたが、 今回は翻訳・訳詞の方にインタビューを行いました! というのも、この作品の翻訳と訳詞、実は当社の社員が担当しているのです。 なぜミュージカルの作品に翻訳・訳詞として携わることになったのか、そもそもミュージカルの翻訳がどのように行われているのか、 そしてこの『VIOLET』を翻訳する上でどのような苦労があったの

スキ
46

ミュージカル『VIOLET』演出家・藤田俊太郎さんのスペシャルインタビュー後編~前回のコロナ禍の公演と2024年の再演について語る~

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 来年2024年4月に東京芸術劇場プレイハウス、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演されるミュージカル『VIOLET』。 先日、演出を担当される藤田俊太郎さんのインタビュー前編をお届けしましたが、今回は2020年の日本公演、そして2024年の再演に向けてお話をお伺いしました! 次回公演の演出に込められた想いが伝わってくることと思います。 ぜひご覧ください! 『VIOLET』のあらすじ、2019年のロンドン公演に

スキ
31

ミュージカル『VIOLET』2024年再演決定!演出家・藤田俊太郎さんのスペシャルインタビュー前編~単身渡英・2019年ロンドン公演で感じたこと~

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 2024年4月に東京芸術劇場プレイハウス、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて、ミュージカル『VIOLET』が上演されます!👏 ミュージカル『VIOLET』は、150年以上の歴史を持つ英国チャリングクロス劇場と梅田芸術劇場が共同で企画・制作し、演出家と演出コンセプトはそのままに、2019年「英国キャスト版」と2020年「日本キャスト版」が各国それぞれの劇場で上演された作品。 新進気鋭の演出家・藤田俊太郎さんが単身

スキ
45

ミュージカル『ボディガード』

2024年2月開幕のミュージカル『ボディガード』について特集しています

くわしく見る
  • 3本

ミュージカル『ボディガード』を彩る名曲を一挙紹介!~ジュークボックスミュージカルならではの名曲揃いのミュージカル~

こんにちは!梅田芸術劇場公式 note 編集部です。 現在、東京・東急シアターオーブにて絶賛上演中のミュージカル『ボディガード』。 今回は、『ボディガード』で使用されている楽曲について特集したいと思います。 今作は原作映画でも使用されていたヒットソングがたくさん出てくるジュークボックスミュージカル。 その一曲ずつに曲が発表された年代順にフォーカスを当てて、 最新の舞台写真と共にお届けしたいと思います! 作品のあらすじ・注目ポイントや、弊社社員の魅力紹介など、過去記事も

スキ
44

梅芸社員直伝!ミュージカル『ボディガード』の魅力 ~4人の社員が語る『ボディガード』の見どころ~

こんにちは!梅田芸術劇場公式 note 編集部です。 いよいよ2/18(日)に開幕するミュージカル『ボディガード』。 これまで2019年に英国キャスト版、2020年・2022年に日本キャスト版を上演し、再演を重ねている今作。 今回は新たな試みとして、これまで色々な役割で『ボディガード』の作品に携わってきた弊社社員にインタビューを行いました🎤 『ボディガード』の好きな曲や魅力について、そして招聘版・日本キャスト版に携わる中で舞台化する上での苦労などを聞いてみました。 ぜ

スキ
41

作品紹介その9 ミュージカル『ボディガード』 ~あの大ヒット映画が舞台に!数々のヒット曲に乗せて歌とダンスに彩られたジュークボックスミュージカル~

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 今月2/18に東京・東急シアターオーブにて開幕する、ミュージカル『ボディガード』について特集! 今回はミュージカル『ボディガード』の概要・原作となった映画の魅力等、本作の注目ポイントについてご紹介します。 ミュージカル『ボディガード』とは1992年にケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン主演で世界的大ヒットを遂げた映画「ボディガード」を舞台化した作品で、数々のヒット曲に乗せて、圧巻の歌唱と迫力のダンスに彩られたラブ

スキ
28

『テラヤマキャバレー』

2024年2月開幕の『テラヤマキャバレー』について特集しています

くわしく見る
  • 3本

『テラヤマキャバレー』ついに開幕!ゲネプロレポートを速報でお届け♪

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 ついに2/9(金)に開幕した『テラヤマキャバレー』。 開幕前日には、舞台挨拶とゲネプロ(本番通りに行う全体稽古)が行われ、ここで衣裳・ヘアメイクがお披露目されました。 今回は、演劇ライターの三浦真紀さんからのゲネプロのレポートを、舞台写真と共にお届けいたします! 『テラヤマキャバレー』の世界を感じていただけたら嬉しいです。 本作のあらすじ・見どころ・グッズ等をご紹介した過去記事も併せてご覧ください👇 『テラヤマキャバレ

スキ
208

『テラヤマキャバレー』の魅力が詰まった公演グッズ一挙ご紹介!

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 2/9(金)に開幕した『テラヤマキャバレー』の公演グッズが公開されました!  劇場のみの販売となります。 “キャバレー”をイメージした深い赤色や、作品にちなんだモチーフを取り入れた公演グッズのうち、今回はプログラム以外のグッズをご紹介します! ぜひご来場前にチェックしてくださいね。 『テラヤマキャバレー』のあらすじ・見どころ等をご紹介した作品紹介編も併せてご覧ください👇 ① ハンカチ ¥1,500宣伝ビジュアルに登場し

スキ
106

作品紹介その8 『テラヤマキャバレー』~異才・寺山修司を描いた驚きの音楽劇~

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 今回は来月2/9(金)に東京・日生劇場で開幕する、『テラヤマキャバレー』をご紹介します! この記事では本作について、そして主人公として描かれる異才・寺山修司についてなど、作品をより楽しんでいただくための前情報をお届けしたいと思います。 『テラヤマキャバレー』とは2023年に没後40年を迎え、その稀有な才能に再び注目が集まっている寺山修司。 もし寺山が今生きていたら、何を思い、何を表現したのか。 舞台は生と死が交錯するキャ

スキ
292

ブロードウェイミュージカル『太平洋序曲』

2023年3月開幕のブロードウェイミュージカル『太平洋序曲』について特集しています

くわしく見る
  • 6本

日英共同制作ミュージカル『Pacific Overtures(邦題:太平洋序曲)』ロンドンで開幕!~英国公演の様子を舞台写真と共にお届け~

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 梅田芸術劇場とメニエール劇場の共同制作ミュージカル『Pacific Overtures(邦題:太平洋序曲)』英国キャスト版が、ロンドンのメニエール・チョコレート・ファクトリー劇場で開幕しました! 2024年2月24日までの上演です。 今回は英国公演の様子を舞台写真と併せてお届けします! この英国公演に香山弥左衛門役で出演をしている大野拓朗さんのインタビュー、『太平洋序曲』のあらすじ・見どころなどは過去記事で紹介しています

スキ
74

日英共同制作ミュージカル『Pacific Overtures(邦題:太平洋序曲)』がロンドンでいよいよ上演!~初の海外ステージに挑む大野拓朗さんにインタビュー~

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 この冬、英国ロンドンのメニエール・チョコレート・ファクトリー劇場で、 梅田芸術劇場とメニエール劇場の共同制作ミュージカル『Pacific Overtures(邦題:太平洋序曲)』英国キャスト版が上演されます! 本作は、黒船来航を機に幕末の日本が鎖国を解いて西洋化へと向かう動乱を、巨匠スティーヴン・ソンドハイムの楽曲で描いた大作です。 1976年にブロードウェイで初演されてから、アメリカ、イギリス、そして日本でも複数回上演

スキ
133

廣瀬さん・立石さんの横須賀市長表敬訪問記-note限定ウラレポート

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 ブロードウェイミュージカル『太平洋序曲』開幕前の2023年3月3日、香山弥左衛門役の廣瀬友祐さんと、ジョン万次郎役の立石俊樹さんが、ペリー来航の地・久里浜を訪問しました。 お二人はペリー記念館・ペリー上陸記念碑(ペリー公園)を見学し、後援 横須賀市の上地克明市長を表敬訪問しました。今回はその日の廣瀬さん・立石さんの様子などウラレポートをお届けします! 晴天に恵まれたこの日。朝方から良い天気でしたが、海を背景に撮影した時が

スキ
25

~舞台美術の世界から見た『太平洋序曲』~舞台セミナーレポート

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 ついに3月8日からブロードウェイミュージカル『太平洋序曲』が開幕しました!(これまでの記事も併せてご覧ください) そして先日公演終了後に「舞台セミナー」と題した、裏方に特化したトークショーが開催されました!その様子を少しだけレポートします!🎤 次回の舞台セミナーは3/21(火・祝)17:30公演の終了後に行われる予定です。より詳細を知りたい方…ぜひご参加ください♪ 舞台監督と美術補の役割 今回の「舞台セミナー」では、

スキ
49

ミュージカル『ファントム』

2023年7月開幕のミュージカル『ファントム』について特集しています

くわしく見る
  • 4本

担当プロデューサーが語る!ミュージカル『ファントム』の見どころ ~城田 優さん三刀流の挑戦!進化し続ける『ファントム』~

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 今週開幕するミュージカル『ファントム』、これまで作品やグッズ紹介をさせていただきましたが、 今回は担当プロデューサーに直接見どころをインタビューしました🎤 演出家としての城田 優さんや他キャストの皆さんの稽古場の様子など、現場の雰囲気が伝わってくるお話です。 ぜひ観劇前に、見どころをチェックしていただけたら嬉しいです。 過去記事はこちらからご覧ください👇 前回2019年の公演では、演出と主演ファントム(エリック)役の二

スキ
64

アツい夏を彩る!ミュージカル『ファントム』公演グッズをご紹介!

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 開幕が迫ったミュージカル『ファントム』、 ついに待ちに待ったグッズ情報も公開されました!👏劇場とオンラインでの販売となります。 梅田芸術劇場ではこれまで4度上演を重ねてきた本作。今回は夏の上演ということで、暑い夏の時期に使いやすいグッズもご用意。 この記事ではひと足早くそれぞれのグッズについて、ご紹介します! 参考にしていただけたら嬉しいです。 あらすじ・相関図等、これまでの『ファントム』過去記事はこちらからご覧くださ

スキ
40

作品紹介その5 ミュージカル『ファントム』~原作「オペラ座の怪人」から生まれたファントムの人間像と美しい楽曲~

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 今月は7/22に梅田芸術劇場メインホールで開幕する、ミュージカル『ファントム』を特集!🎭 まずはこの作品について、そして注目ポイントをご紹介します! 4月に行われた記者発表の記事はこちら⬇️ 『ファントム』とは?フランスの小説家ガストン・ルルーのベストセラー小説「オペラ座の怪人」を原作とするミュージカル『ファントム』。 1991年にミュージカル界の黄金コンビともいわれる脚本家アーサー・コピットと作曲家モーリー・イェスト

スキ
74

ミュージカル『ファントム』記者発表レポート

こんにちは!梅田芸術劇場公式note編集部です。 今年7月~8月に大阪・梅田芸術劇場メインホール、8月~9月に東京・東京国際フォーラム ホールCにて、ミュージカル『ファントム』を上演いたします! それに先駆けて先日記者発表を行い、歌唱披露も行いました。 まずはミュージカル『ファントム』について、 そして当日の記者発表の模様もお伝えいたします! ミュージカル『ファントム』についてミュージカル『ファントム』は、フランスの小説家ガストン・ルルーのベストセラー小説『オペラ座の

スキ
58